さるびあ・のぞみ ふじ居住支援
 
居住支援日記 >> 記事詳細

2018/01/18

1月散歩プログラム

| by:宮田みき
1月の散歩プログラムをおこないました

 前日が雨だったため、いつも散歩する公園の中は
濡れていました。
そのおかげで、あちらこちらの木々に雨露がつき、
光が当たってキラキラ絵文字:星と輝いている公園内。

 ちょうど、蝋梅が咲きはじめとても良い香りのする
蝋梅園の横を散策しました。
いつもは、歩くことだけで精一杯の入居者の方も思わず足を止め
写真を撮られてました。




入居者さんのつぶやき・・・『ここが一番好きな場所なんだ♪』


確かにここは、暖かい陽だまり☀
前の花壇はいつも四季折々の花が植えてあり、
きれいにされています。
そして、このベンチに座ると
隣に怪我をして保護されたハトが『ホッツホー』
と鳴いてくれるとても落ち着く場所です。

散歩後は、皆さんの歩数を確認しています。
少しでも皆さんが外に出て、体を動かす
目安になると良いな~と思っています)^o^(

11:57 | 投票する | 投票数(3)
=さるびあ・のぞみ、ふじ居住支援ってどんなところ?=
一般にグループホームと呼ばれている、障害者総合支援法の指定共同生活援助(介護サービス包括型)事業です。
富士福祉会では、利用者の特性に配慮し、さまざまなタイプの居室を備えています。

1.3年間の利用期限付きの「主に3年以内の単身生活を目標とする通過型」居室
1Kの民間アパートの居室にて独立した生活を送りながら、定められた期間の中でさまざまな経験を積み、周囲の人とのコミュニケーションなどを身につけ、自信を持って一人暮らしができるようになることを目指します。

2.利用期限設定のない「地域での定着を目標とする滞在型」居室
単身型から共同住居型(2人住居、6人住居、10人住居)など、さまざまなタイプの居室があります。ご本人の特性に応じた環境で安心・安全に生活できるよう支援します。

※1、2とも、原則として1年ごとの契約更新があります。永住型(終身契約)はありません。

=入居要件=
 1.精神科病院や医院に通院し治療を受けている。
 2.身の回りの人間関係を大切に考え、よい支援関係を構築し、保ちたいと思っている。
 3.本人を支援するご家族(保証人)もしくは後見人がおり、行政や福祉団体(紹介者)の支援を受けている。
 4.入居開始時までに、障害福祉サービスやデイケアなどの日中活動に、週当たり1回以上利用している。

ご不明な点などはご遠慮なくご相談ください。
 
●さるびあ・のぞみ 施設概要● 
所在地194-0035
東京都町田市忠生2-31-14  メゾンN&B202号
TEL/FAXTEL:042(791)7955 FAX:042(711)7475
事業種別共同生活援助(介護サービス包括型)
開設年月1998年4月
利用定員14名

●ふじ居住支援 施設概要● 
所在地〒194-0035
東京都町田市忠生2-31-14  メゾンN&B202号
TEL/FAXTEL:042(793)9242 FAX:042(711)7475
事業種別共同生活援助(介護サービス包括型)
開設年月2007年7月
利用定員20名
 
=お問い合わせ=
〒194-0035 東京都町田市忠生2-31-14  メゾンN&B202号
社会福祉法人 富士福祉会 ふじ居住支援
TEL
:042(793)9242
FAX:042(711)7475
 
社会福祉法人富士福祉会
© 2010 Social Welfare Corporation Fuji-fukushikai
 
ひあたり天然酵母パン

あいちゃんクッキー

公民館喫茶

お弁当宅配

ご寄付のお願い

富士すその会