居住施設のご利用方法
 
見学・宿泊体験をしてから入居を決められます

1 お問い合わせ

富士福祉会居住支援事務所(ふじ居住支援/さるびあ・のぞみ共通)にご連絡ください。
電話:042(793)9242



2 ホームの見学および説明

「さるびあ・のぞみ」または「ふじ居住支援」の施設見学とホームの説明をいたします。


3 宿泊体験

1泊2日または2泊3日を基本に、実際にホームに宿泊し、生活してみます。
利用料金:1泊2,000円(その他、宿泊にかかる実費はご負担いただきます)
体験前に (1)体験宿泊申込書 (2)体験宿泊希望者紹介状 
上記2点を提出して頂きます。


4 入居の意思確認

宿泊体験を経て、入居を希望する場合は
(1)入居申込書…入居者ご本人が記入するもの
(2)医療情報提供書…入居希望者の主治医記入
上記2点を提出して頂きます。空き室がでるまで「入居待機者」となります。


5 家族面談



6 入退居支援等審議会

(1)事業所主催の会議です。
入退居の支援および待機者多数の場合は、ご入居いただく順番も含めて検討させていただきます。

(2)この会議で「入居」と決定した場合は「入居」に向けて手続きに入ります。「入居」保留になった場合はその旨ご説明させていただきます。


7 	障害福祉サービス利用申請および障害福祉サービス等利用計画作成指定相談事業所等に依頼

指定相談事業所等に依頼します。


8 入居前関係者会議

ご本人を含め、ご家族、関係機関で入居後の生活について協議し、確認します。


9   障害福祉サービス受給者証の発行

「障害福祉サービス等利用計画」に基づき、受給者証が発行されます。


9   障害福祉サービス受給者証の発行

ご本人・保証人・事業所で入居の契約を結びます。1年ごとの更新となります。
※通過型ホームの利用年限は原則3年です。
 
居住のご利用相談窓口
富士福祉会「ふじ居住支援」 電話:042(793)9242
 
社会福祉法人富士福祉会
© 2010 Social Welfare Corporation Fuji-fukushikai
 
ひあたり天然酵母パン

あいちゃんクッキー

公民館喫茶

お弁当宅配

ご寄付のお願い

富士すその会