伝説の落とし物

みなさんこんにちは!

関東地方の梅雨入りが発表され、普段清掃している公園でもきれいな紫陽花が咲くようになりました。屋内・屋外を問わず働く中で、各現場では稀に珍しい事態に遭遇することも。今回はその中でも特に珍しかった落とし物(?)について、遭遇時の衝撃度順に紹介します。

LEVEL 1. ぬいぐるみ
大きな袋に入れられた大量のぬいぐるみ。近くには「ご自由にお持ちください」の貼り紙も。公園管理事務所に届けた後、ぬいぐるみ好きのメンバーがゲットしました。

LEVEL 2. 布団
公園入口に敷布団が山積みに。壊れた傘や自転車位ならともかく、不法投棄にしても目を疑いたくなる光景でした。

LEVEL 3. 鳩
公園を移動中に天寿を全うした鳩を発見。土に還してあげようと埋葬を試みるも、穴の深さが足りず所謂『犬上家』状態に…。墓穴は深めに、と学びました。

LEVEL 4. 成人誌
ゴミ収集中に発見された古びた成人誌の束。収集袋に入りきらず、かといって剥き出しで持ち歩くにも人目が気になる表紙のタイトルと写真の数々。目立たない面を表にしながら急いで捨てに行きました。

LEVEL 5. ハムスター
『トイレの手洗い台の脇に、生きたハムスターが飼育籠ごと置き去りになっています』と作業中のメンバーから連絡が。イタズラも多い現場ですが、後にも先にもこれ以上の衝撃を受けた落とし物はありません…。

清掃事業に長く在籍するメンバーの中には、これらに直接遭遇したメンバーも、語り継がれる伝説として聞いているメンバーも居ます。どれも今となっては良い思い出(?)ですが、もしかしたら明日は、自分が伝説の事態に遭遇できるかもしれません♪