書道教室を行いました

みなさん、書道にどんなイメージをお持ちですか?静かに黙々と“書”をたしなむイメージがありませんか?

ATOMでは、「書道教室プログラム」があり、みなさん楽しく“書”に親しんでおります。ボランティアに来られる先生は大変優しい方で、良いところを褒めて下さり、個々に、上手くなるコツを丁寧に教えてくれます。みなさん、「先生、今度の自分の作品を見て!」や「○○さんの字はとても力強くて素晴らしいですね」など、和気あいあいと、大変賑やかな教室となっており、ATOMの中でも大人気プログラムです。

今回は、残念ながら先生が来られませんでしたが、お題を「七夕」として、みなさんに自由に書いてもらいました。そして傑作として出来たのが、これ!!

「彦星」「ソーシャルディスタンス」「織姫」

お題が七夕だけでしたが、昨今の新型コロナにちなんで、天の川によって彦星と織姫の間にはソーシャルディスタンスがあるという素敵な発想には、驚かされました。その後ネットで調べたところ、彦星(アルタイル星)と織姫(ベガ星)の間には、約150兆Kmもあり、光の速さで飛んで行っても15年かかるという事も分かり勉強になりました。もう十分すぎるソーシャルディスタンスですね!

 今まであまり見る事のなかった星座も、少し身近に感じる事となり、帰宅時に夜空を見あげる事が増えました♪