相談したい

障がいを持って生活していくときに、さまざまな不安や困りごとは尽きないものです。

障がい者に向けたさまざまな福祉サービスがありますが、どんなサービスがあって、どんな手続きが必要か、意外とわかりにくいため、適切な支援を受けられないこともあります。

「この先、どうしたらいいんだろう」。

そんなときに、まずは富士福祉会で相談をしてみませんか。相談支援のプロが、あなたの不安に応えます。

町田市鶴川地域障がい者支援センター

障がい者福祉制度に関する相談や手続きをすることができる地域の総合相談
ホームページはこちら

ATOM 相談支援事業

障害福祉サービスの利用に必要な「サービス等利用計画」の作成、継続してサービスを利用するためのご相談

仕事をしたい

同じ障がいを持つ人たちと、自分にあった仕事をしてみませんか。

富士福祉会では、調理作業やパン・クッキー製造などの食品を作る仕事、喫茶店での仕事、室内作業、清掃などの仕事をみんなで行っています。

仕事を続けていくことは、規則正しい生活につながるだけでなく、同じ仕事を通じて仲間と協力する楽しさ、地域のみなさんに喜ばれる充実感を味わえます。

ひあたり野津田

調理作業、箱の組み立て・電子部品のセットや検品などの室内作業

富士作業所・公民館喫茶

パン・クッキーの製造販売、喫茶店でのサービス

富士清掃サービス・富士第二作業所

公園やビルなどの清掃作業

企業就労をしたい

精神障がいを持つ方が企業で活躍している例は、たくさんあります。

平成30年4月1日から、障害者雇用義務の対象に精神障がい者が加わり、法定雇用率も改善されます。

富士福祉会では「長く働き続けられる就職」を目指して、スキルだけでなくコミュニケーションも考慮した支援と相談を行っています。
自信を持って仕事を続けられるように、富士福祉会で企業就労をめざしませんか。

ひあたり野津田

企業で働くためのスキルとコミュニケーションに主眼をおいた就労移行支援と就労後のOB交流会や相談などフォローアップを行う就労定着支援

町田市障がい者就労・生活支援センター Let’s (レッツ)

就労に向けた準備から、就労後に安定して働くための一貫した就労相談
ホームページはこちら

みんなと一緒にいたい

同じ障がいを持つ人と話すことは共感や友情を育む第一歩です。

安心して、落ち着いて暮らすために、少しずつでも外へ出かけてみませんか。
みんなに会う。何かを作る。話してみる。積み重ねていけば、体調の維持や生活の安定につながります。

ATOM

体調の維持や生活の安定に必要な技術を身につけるための支援

地域活動支援センター まちプラ

地域で交流を持ち、みんなで話し合ってさまざまな活動を行う支援
ホームページはこちら

安心な住まいで暮らしたい

障がいを持ちながら住む場所に困っている方に向けてグループホームを提供しています。

季節に応じた飾り付けをしたり、お食事会をしたりなど、心やすらぐ住まいです。

さるびあ・のぞみ/ふじ居住支援